あれから1年

あの3.11

からもうすぐ1年。







私は、あのとき

ケアンズからニュージーランドに行く途中で

家族で、ブリスベン空港にいました。






ブリスベン空港のテレビの

Live中継の映像を前に

言葉なく

ただただ呆然と立ち尽くしていたのでした。






その後、日本に電話するも

電話は通じずに

そのまま飛行機に乗ってニュージーランドに向かったのでした。





私が行くのは、NZでなくて日本じゃないの?




飛行機の中では、そんな思いでいっぱいでした。








そしてNZに到着し、日本とも電話がつながり、連絡をとることできたのですが




映像を前に

ときに大きすぎる自然を前に




NZでぽつりと

ただただ無価値感を感じてしまっていたのでした。






その上、滞在していたNZでは

皆にすごくよくしていただいて、ありがたかったのですが





日本人の方にほとんど会うことがなかったし



日本のニュースも朝と夜しか見ることができないし



ネットはチェックすることができたけれど、日本語でのタイプができずに

いま感じていることなど、日本語でシェアすることもできないし





深い悲しみと共に




日本がこんなに大変なときに

私はここで何をしているのだろう。。。と

罪悪感と寂しさに包まれてしまったのでした。







日本と日本人の素晴らしさについては

海外に住むようになってから、本当にたくさん気づいてきたのですが






自分が日本人であるんだ。。。ということを

こんなにまで感じたことはなかったかもしれません。






海外にても、、、


海外にいるからこそ、、、




大好きな日本を想う人たちがたくさんいらっしゃいます。







明日は

ケアンズでJapan Day of Hope 絆 

東日本大震災追悼イベントが開催されます。

http://ameblo.jp/maki-happycolour/entry-11181641627.html






ケアンズママのNさんが

お声がけくださってから3週間

皆で動き回り、色々なことを感じ、話し合いを重ねてきました。






お話いただいたときには、準備期間もあまりなかったし

予定も色々入っていて

イベント開催には皆さんのご協力が必要!と

いきなりお声をかけさせていただいたのに

すぐにお集まりくださった皆様にも心から感謝しています。






オーストラリア・ケアンズで"ハートに響く"異文化体験!
Caycoさん


http://ameblo.jp/cayco/

冷静な判断力と共に、いつも貴重なアドバイスをしてくださいました。

またロゴや、次回へつながるちらしや

アンケート用紙などもCaycoさんが作成してくださいました。



ざくろ工房さん

http://zakurokobo.go-jin.com/e33017.html


去年のチャリティイベントの経験をもとに

様々な貴重なアドバイスをくださいました。

着付け、お習字、お料理も教えてくれるスーパー先生です。




サニーさん

http://ameblo.jp/cairnskirakiraclub/entry-11168118910.html

サニーさんは、ピアやエスプラネードの場所などもみつけてくださったり

また次回の大きなイベントのときにご参加くださる

空手デモンストレーションやもちつき、はちまきなどなどの皆様にお声をかけてくださったり

FacebookページをUPしたりしてくださっています。

http://www.facebook.com/japandayofhope.kizuna




ケアンズきらきらクラブさん

http://cairnskirakiraclub.go-jin.com/e33233.html


Japan Day of Hope~絆~のちらしを作成してくださいました☆


また見取り図をつくってくださったり

3月11日に企画されている

「ピンクキャンドル 愛と癒しの光 for JAPAN」

http://ameblo.jp/cairnskirakiraclub/entry-11166291205.html

のピンクのキャンドルブースにて出店くださいます。




そして、お手製のとても素敵なポーチを持って

追悼イベントを開催しましょう~とお声をかけてくださり

きっかけをつくってくださったケアンズママのNさん、本当にありがとうございます。



明日こちらのポーチも一緒にお迎えしています^-^



これまでのブログにまだご紹介できていない方々もたくさんいらっしゃるのですが



調整を重ねていて、1週間前まで詳細が決まらなかったこちらのイベントを
それでも誌面に載せていただけるように手配してくださり
そのほかにも多大なるご協力をくださったリビケンのしずかさん。


ボランティアでお手伝いくださる皆様


日本人プレイグループの皆様


フォトグラファーをしてくださるみみさん


ビデオを撮ってくださるともこさんのだんなさま


シータヒーリングをしてくれるAnna


自宅まで本を届けてくださった素敵なR&Yご夫妻。


皆様のご家族



これを読んでくださる皆様



お一人お一人の皆様に心から感謝しています。







準備の途中で、イベントの規模がすごく大きくなりそうだったのですが

そのための準備にはより時間が必要で



もう一度、皆で何のためにするのか。。。。ということについて何度か

考え話しあう機会がありました。





大好きな母国日本を想う気持ち。


自分たちが癒され、皆が癒され、ケアンズの癒しが日本に届いたらいいな。。。




ケアンズにいたって、今は自分たちだってとても大変。。。そういうときだってあると思います。




そんなときに、ふと足を運んでもらえて

心がほっこりと温かくなるようなそんな時間を過ごせてもらえたらうれしい。。。








大好きな日本を想いながら

お越しくださった皆様が心ほっこりとくつろげる時間になりますように。








長くなってしまいました。


最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございました。




同じカテゴリー(今を生きる)の記事画像
ファームステイ3日目ー隼ーコアラガーデンーSushi Train Smithfield
エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ
Japan day of Hope 2017 いよいよ明日です。
目の前のことに全力投球!
ウルトラスーパームーンに。
お子さんと一緒にレイキ講座
同じカテゴリー(今を生きる)の記事
 ファームステイ3日目ー隼ーコアラガーデンーSushi Train Smithfield (2017-04-27 10:45)
 エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ (2017-04-16 21:57)
 Japan day of Hope 2017 いよいよ明日です。 (2017-03-10 10:00)
 目の前のことに全力投球! (2016-11-18 21:56)
 ウルトラスーパームーンに。 (2016-11-14 22:23)
 お子さんと一緒にレイキ講座 (2016-11-09 16:55)

Posted by Maki☆Colour Talks 2012年03月09日
この記事へのコメント
clive
Posted by Biake 2012年03月09日 at 2012年03月17日 18:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
あれから1年
    コメント(1)