リフレッシュキャンプを終えて〜皆の笑顔にありがとう。

リフレッシュキャンプのケアンズ最終日の夜の様子です。


ケワラビーチの公園で遊んだり、海を眺めたりして



オージー流のBBQを楽しんでもらった後は

中学生の皆さんが、ケアンズのキャンプに参加して感じたことをそれぞれ話してくれました。


がくとくん。



動物が大好きで、獣医さんになることが夢のがくとくん。

空き時間を見つけては、英語の勉強をがんばっていました。

最終日の学校でも、英語での発表や文化紹介など大活躍でした!


最後のBBQでは、名残おしい、、、となかなか帰れずに。。。

本当に素晴らしいメンバーで、とっても楽しかったね!


がくとくん、

大学生になったら、引率として
中学生をケアンズに連れてきたい!


と語ってくれました!

みんなで、楽しみに待っています⭐️



めぐちゃん。

デザイナーになることが夢

のおしゃれなめぐちゃん。



動物アレルギーはないものの、動物が苦手、、、とのことで
直前に、ファミリーと相談しながら、動物のいないホストファミリーに変更した方がよいのかどうしようか。。。と
検討中だった時

これから、仲良くなる人に動物がいることも出てくる。
この機会に、動物がいても大丈夫なように克服する機会にしたい。。。

という本人とご家族の意思で、チャレンジすることに!

ホストファミリーの皆さんのサポートもあって、滞在中、無事に
犬も猫もいるおうちにステイしながら、笑顔で過ごすことができました。

めぐちゃん、おめでとうございます!よく頑張りました!

これから世界中で、新たな出会いの幅がぐっと広がりましたね!

福島では、放射能を海に流しているので、海で泳ぐことができない。
海でたくさん泳げたことは一生の思い出です。

と語ってくれていたことも印象的でした。


れおくん

航空会社で働くことが夢のれおくん。



最初は、シャイとのことだったけど、

キュランダであった人に、自分から話しかけたり

学校でも、日本のことについて英語で発表したり

休憩時間に皆でしたハンドボールが楽しかったから、、、と、またやりたいと伝えて参加していたり

BBQに来てくれたバディの男の子との交流を楽しんでいたり



たくさん自分から英語で話しかけて、本当によくがんばっていました。

スピーチも日に日に上手になり、堂々としていて立派でした。



うちにホームステイしてくれていたレオくん、事前のアンケートで心配ごとはありますか?の欄に

現地での食事が美味しいかどうかが心配。。。と書いてあって

私も、毎日美味しいご飯が作れるかどうか心配でありましたが(汗)

毎日もりもり食べてくれて、嬉しかったです!ありがとう><


つかれた〜といいながら、

ティムともたくさん遊んでもらってありがとう〜。

また遊びにきてね!


せいなちゃん。




とてもしっかりしたせいなちゃん。
福島では、朝5時半に起きて、遠方の安全な区域の学校に通っている頑張り屋さん。

最初は、緊張気味だったせいなちゃんでしたが
最終日は、学校でパイプを跳び箱にして飛ぼうとすっ転んだり
中学生ならではの無邪気さも笑顔も全開に、はじけていました!

オーストラリアに来て、世界中で、福島のことをサポートしてくれている人たちに感謝の気持ちを伝えたい!と
英語の勉強もとてもがんばっていました。

最終日の学校でのアセンブルのスピーチも、英語で堂々と話していた姿に感動でした。


せいなちゃんの将来の夢は、法務技官(少年鑑別所などで、心のケアをする人)。
せいなちゃんならきっとなれるね。

世界中に、英語で、福島からのメッセージを発信していくことも楽しみです。



皆のスピーチの後には、それぞれに表彰状が渡されました!








この1週間での皆の変化と成長に

驚かされ、学び、感動をたくさんもらいました。

本当にありがとう。





最初は緊張気味だった皆。

ケアンズの大自然の中で、

日に日に、のびのびリラックス

子供らしい生き生きとした笑顔を見ることができて



幸せでした。


また1週間での、皆さんの成長にすごく驚かされたし、学ぶことがいっぱいありました。

みんなのスピーチを聞いてたら、また涙がほろっと出てきました。

(というかプロジェクトの間、毎日ほろっと涙していました><)


ラストは、
日本から、ケアンズにみんなを連れてきてくれた小玉さんのスピーチ。



Smile with Kidsにとっては全く初めてのプロジェクト、
Earth Walkersにとっては、初めてのコラボでのプロジェクトになり
日本サイドのことは、すべてEarth Walkersで対応してくださいました。

思っていた以上に、オーストラリアでのプロジェクトが本当によかった。
子供達がたった1週間で、こんなにも変化し、成長するなんて!
という小玉さんからの言葉と共に

また来年のケアンズプロジェクト第2弾に向けて、準備していくことになりました。


この日は、お開きになってからも

みんな名残惜しくて、なかなか帰れずにいました。


私も、小玉さんも、中学生の子供たちが、海外の生活の中で、ホームシックになって

お家に帰りたい〜なんて言い出したりしたらどうしよう、、、とそれぞれに心配していたところもあったので



毎日充実してて、本当に楽しかった。。。もう最終日だなんて信じれない。

オーストラリアにまた絶対くる。住みたい!

オーストラリアで出会った人も、本当に親切で、嬉しかった。。。

地元で、できない体験がたくさんできた!



などなどのみんなの声を聞いてホッと安心したし、すごく嬉しくなりました。



これもこのプロジェクトにご協力くださった皆さんのおかげと感謝しています。

本当にありがとうございました。



翌日ケアンズ出発の日。

ケアンズの植物を楽しんでもらえたら、、とボタニックガーデンへ。

Cairns Sunが子供達の様子を取材に来てくれて、子供達の笑顔が載っています。





帰りの成田空港でも、山口なみさんがアシストしてくださいました。

なみさんよりいただいたメッセージより一部抜粋。

〜先ほど、成田空港でお見送りさせてもらいました!
行きの緊張した様子とは違い、みんなの生き生きとした表情が、みれて安心しました。
私も嬉しいです〜

とご連絡をくださっていました。

なみさんには、行きと帰りの成田空港でのアシストをしてくださった上に
空港でのホテル代のご寄付、手配までしてくださり、感謝でいっぱいです。


お母さん方からは、

オーストラリアに行って本当に楽しかったようで
世界観が変わったようです!とのコメントをいただいています。


本当にありがとうございました。

_______________________________________


〜ケアンズプロジェクト 
リフレッシュキャンプ第一弾を終えて〜



皆様のご協力があって

このプロジェクトの第一弾を無事に終えることができ

ケアンズの大自然の中で、子供達のたくさんの笑顔に出会えたことに

心から感謝しています。



単純に、放射能の影響で外で遊ぶことを制限されている福島の子供達に、ケアンズの大自然の中で

子供らしく、のびのびと過ごしてもらいたい。。。

異文化体験の中で、これから生きて行く上でそれぞれ大切な何かをつかんでもらえたら、、、。

と、そのあふれ出してきた思いが止められなくなり

このプロジェクトがはじまりました。



そうは思っても、最初は、そんなことをはじめる自信も勇気もないし

賛同してくださる、同じような考えの人がいるものだかどうか、、、も最初は分からなかったし

人に言う勇気もなくて。。。時間ばかりが過ぎていって。。。汗




そんな中、お一人お一人、ご協力くださる方が増え

イベントにご協力くださったり、募金してくださったりする度に

その都度、ただただ感動し、感謝でいっぱいでした。


本当にありがとうございました。




年に一度のJapan Day of Hopeイベントでも

日本が大好きなたくさんの方がご協力くださいました。



今回のキャンプ、3名の募集に対し、4名から3名に絞ることができず、4名をケアンズへ!となった時、

まだ立ち上がって間もない団体の私達は、予算的に大丈夫なものかどうか、大きな心配はありましたが

皆さんのご協力のおかげで、4名の生徒さんにきていただくことができました。


本当に感謝しています。



このキャンプ中も、ケアンズトロピカルズーやフランクランド島にご招待いただけたり、すしトレインに子供達を呼んでいただけたり、

パロネラパークやエコバナナファームも行かせていただいたり、

また学校でも生徒さん方が日本のコスチュームを着て、学校中で募金を集めてくださったり

そんな光景を目にするたびに、福島の生徒さん方は感激していて

その陰で、私も、本当に感謝でいっぱいで

言葉にならない、ありがたい気持ちがたくさんあふれて、何度涙目になったことかわかりませんでした><


本当にありがとうございました。




福島の子供達をケアンズに呼びたいというのが最初の想いでしたが

そう決定するまでには

これまで通り、福島の子供達が宮崎キャンプなど国内に行くことを支援していった方がよいのかも?と考えたり

色々と悩んだ時もありました。




福島に行って、現地に住んでいる人と会って

話を聞いてみるのが一番。

と、去年、福島に行き

小玉さんや現地の色々な方々と話して、


遠くの活動を支援するよりも、

現地で、実際にみんなの笑顔を見れることが、活動を続けていくために大切。

最初の思いを大切に!とアドバイスいただいたり



多感な時期の上に、保養キャンプの機会が小学生ほど多くない中学生に

保養と共に、海外での異文化体験を!と

いうことが決定していきました。




活動のためにチャリティ団体を立ち上げるにも

初めてのことだらけで

チャリティ団体として認定してもらうのにも、たくさんの書類に囲まれ

そのあとも、何かと出てくるたくさんのペーパーワークに何度めげそうになったことかわかりません。



色々なフェスティバルへのチャリティ出店や、ソーセージシズルや

様々なワークショツプなど、初めてのことが多く、みんなで手探りで試行錯誤しながら、進んできた中で

たくさん立ち止まったり、悩んだ時もありました。



そんな時があったからこそ


様々な状況の中で、色々なことを感じている多感な時期の中学生が、

ケアンズで1日1日変化し、

異文化交流でたくさんのことを吸収し、チャレンジしている皆の

自分らしく、子供らしく、生き生きと過ごす姿を見て

たくさんの勇気をもらいました。


そして、開催できて、

子供達にケアンズに来てもらえて本当によかった。。。と感慨深くなりました。




今回、初めてJapan Day of Hopeとリフレッシュキャンプを同時に準備する機会となり

初めての同時進行で、慣れないことも多く、

リフレッシュキャンプの1週間前に、体調を崩し、1日中寝込んでしまうというハプニングも。。。><


こんな時に、長引いたらどうしよう><と心配したのですが

自己ヒーリングをしながら、翌日に復活できたことと、その日ずっと、寝かせてくれた家族に感謝しながら

そんなことがあったので、余計に、リフレッシュキャンプの日には、わくわくと楽しい気持ちで

皆さんをケアンズにお迎えすることができたことに心から感謝でいっぱいでした。



全力投球はいいけど、不器用な私。。。


次回は、突っ走りすぎず、

今回の経験を生かして、ゆっくり進めていきたいと思っています。



SWK立ち上げ時から、一つ一つの課題に、一緒に向き合ってくれたSWKの皆さんにも心から感謝しています。

本当にありがとうございます。



コメントをしっかり伝えてくれながらも

色々な形でサポートしてくれていた家族にも

改めて、ありがとうの気持ちでいっぱいです。




まだまだはじまったばかりのプロジェクト

今回の体験を生かして、より多くの子供達の笑顔に出会えるよう

皆さんのお力をお借りしながら、進んでいきたいと思っています。



実績がなかったケアンズプロジェクト第一弾に参加してくれた皆さん、

保護者の皆さんも、ありがとうございました。


部活や学校の行事もあり、来るかどうか本当に悩んだけれど

来ることができて、本当によかった!と口を揃えて言ってくれて

嬉しかったです。




たくさんの方々のご協力があってこその

このプロジェクト。

本当にたくさんの方に助けていただきました。


皆様からの

心温かいサポート、本当にありがとうございました。



これからも初心を忘れずに

一人でも多くの子供達の笑顔に出会い、笑顔を広げていけるよう

進んでいきたいと思っています。


どうぞよろしくお願いします。


たくさんの感謝をこめて。





同じカテゴリー(Smile with Kidsプロジェクト)の記事画像
自分の本質、答えは内にある。
色とレイキのお茶会〜6月6日〜
福島の子供達のホームステイ&福島報告会での感想 Day11
福島の子供達 お話会&交流会ーケアンズの皆様へのメッセージ
福島の子供達とホストファミリー*福島での報告会感想
福島の子供達 フランクランド島へ。
同じカテゴリー(Smile with Kidsプロジェクト)の記事
 自分の本質、答えは内にある。 (2017-06-08 11:30)
 色とレイキのお茶会〜6月6日〜 (2017-06-02 11:44)
 福島の子供達のホームステイ&福島報告会での感想 Day11 (2017-05-31 11:27)
 福島の子供達 お話会&交流会ーケアンズの皆様へのメッセージ (2017-05-30 18:53)
 福島の子供達とホストファミリー*福島での報告会感想 (2017-05-29 14:59)
 福島の子供達 フランクランド島へ。 (2017-05-26 10:11)

Posted by Maki☆Colour Talks 2015年04月15日
この記事へのコメント
まきさん、詳細が分かる素敵なレポートありがとうございます。

あらためて、感慨深く読ませていただきました。

改善点を修正しながら、継続していける内容の良いプロジェクトにしていきたいですね。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 小玉直也 2015年04月15日 at 2015年05月17日 19:47
小玉さん

子供達の笑顔と日々のすさまじい変化に
励まされ、たくさんの勇気をもらいました。

日本サイドのこと、いろいろとありがとうございました!

これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by Maki☆Colour TalksMaki☆Colour Talks 2015年04月15日 at 2015年06月03日 19:33
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
リフレッシュキャンプを終えて〜皆の笑顔にありがとう。
    コメント(2)