福島のママさんの声。

Smile with Kidsイベントに、たくさんの方がご寄付くださった本を

くり茶屋さんがお持ちくださり、本棚を用意してくださり

日本の本を読まれたい方々が、立ち寄れるようにと、本を置いてくださっています。

どのような本があるかなどの詳細はくり茶屋さんのブログをご覧ください。

http://kurichaya.go-jin.com/e59632.html



皆様からご寄付いただいた本は、

どれも貴重な素敵な本ばかり。



このような場を作ってくださったくり茶屋さんに

心から感謝です。



また、市内のお店にて、Smile with Kidsの募金箱を置いてくださっているお店の皆様にも
本当に感謝しています。


*OK ギフトショップ・ケアンズ店

https://www.okgift.com.au/index.php?main_page=page_5

ただいま、OKギフトショップでは、ローカルの方が、6月30日までにお買い物をすると
こちらのかわいいエコバック(限定100個)のプレゼントが!



素敵なお土産にプラスして
持っているだけで気分がアップしてしまう
本当にかわいいバッグです。


*マル優
https://www.facebook.com/pages/Maruyu-Cairns-Japanese-Convenience-Store/

お味噌や日本の美味しいご飯、納豆などなど
マル優さんには、本当にお世話になっています。



Pouch
http://pouch-australia.com


こちらはPouchの新商品。私も早速ナチュラルな化粧水とクリームをゲット。
すごくピュアな感じで、とても気に入っています。


素敵なお店の皆様にサポートいただいて
感謝でいっぱいです。


他のお店の方々にも色々な形でご協力いただいています。
本当に、ありがとうございます。


また、先日、えみさん、メルボルンの田中様からも募金をいただきました。

先日の色とレイキのお茶会でいただきましたご寄付も、すべて福島の子供達を支援する活動費に

募金させていただきました。


ご協力、本当にありがとうございます。



NPO法人アースウオーカーズさんと話し合いながら

2016年度のケアンズリフレッシュキャンプの募集も

準備が出来次第、開始していきます。



そして、海外に住んでいるからこそ

現地の方の声というのは、とても貴重で

シェアしていくことの大切さを感じています。



こちらは、今年度のリフレッシュキャンプにご参加くださった中学生の生徒さんの

お母さんが寄せてくださった声です。

了承を得て、こちらにも載せさせていただきました。


キャンプにご参加くださった生徒さんの親御さんからは

お子さんの世界観が変わった!

との声が中心に届いていました。




____________


娘が大変お世話になっております。

会津若松市の中学生は観光で成り立っている土地柄、保養という言葉すら知りません。
部活を休み、保養に出る決断は容易でなかったと思いますが、

それもみんな、プロジェクトに関わってくださっている皆さんのお陰だと思います。
本当にありがとうございます。

満喫している様子が見えて、有難い限りです。
福島の子供達は一生懸命生きています。これからもご支援をよろしくお願いします。

_______________

色々と大変お世話になりました。
今頃泣きモードでしょうか…。

今まで沢山の保養に参加させていただき、感謝の心も育まれてきたはずの彼女ですが、
思春期とも重なり、また全然よくならない現状や諦めと不安で潰れていきそうだったと思います。

今回皆さんにお会いできて、生き抜く勇気や努力を惜しまないことへの肯定感が生まれ、
この先もきっと真っ直ぐ進んでいけると思っています。

親として選んでやれなかった避難という選択のお陰で、
苦しめてしまっている娘を救ってくださってありがとうございます。


これからも頑張っていくので、よろしくお願いします。

本当に感謝でいっぱいです。

________________


発信することの大切さは、時間が経つにつれ意味をなしますよね。
我が家としては、震災時幼稚園児だった次女。

福島は安心神話が定着し、
闘志を剥き出しにして我が子を守ることはかなりの勇気を要します。

次女が流されていかないよう、私は鬼と化しておりますが…
お弁当持参以外のことはなかなか困難で。

長野のこども留学に出そうかと何回も自問自答を繰返し、
精神面でも費用面でも無理ということで現在に至ります。

でも、私が頑張るしかないですよね。
それでも守りきれてはいませんが。

毎朝5時半に起きて高速バスで会津若松の学校まで通う長女。
頑張っているので、私も年末からダブルワークで費用を工面しました。

買い物も楽しめたようだし、あげすぎくらいのプレゼントになりました(笑)

新学期からはまた部活を頑張って20時帰宅の日々です。

私に何か恩返しせ出来そうなことがありましたら、いつでも声かけてくださいね。


明日は中学と高校全体で行う25kmウォークがあります。
山道も歩くので、私としては線量が気になりますが、
幸いにもお昼を食べるところは低いので…雨が降らないことを祈るところですね。

GWは部活の合間に新潟県へ保養に出られそうです。

久しぶりに次女にもお鮨を食べさせることができそうです。

____________________


福島のママさんより。



去年、福島で、ママさん方にお会いして

色々なお話をお聞きしました。




そして、マンゴシーズンに

有志メンバーで、マンゴジャムを作って、福島にお届けをしていました。

福島で、有名だった干し柿ができなくなって

マンゴジャムやドライマンゴのリクエストをいただいていたのでした。



マンゴジャムを手にしてくださった福島のママさん方からのお手紙です。





またJapan Day of Hopeでパステル和アートインストラクターの皆さんが送ってくださったアートも
小学生のキャンプで、ご参加のご家族の方々に、お届けされました。



福島のおしやまさんが、届けてくだいました。


色々な形で

ご協力くださった皆様に改めて感謝を申し上げます。





できることは小さなことかもしれませんが、

それでも子供達の笑顔を守るために

皆さんと力をあわせて、

一歩一歩進んでいきたいと思っています。



www.smilewithkids.com.au


今日も読んでくださり、ありがとうございます。

感謝をこめて。


同じカテゴリー(Smile with Kidsプロジェクト)の記事画像
福島の子供達、フランクランド島へ。
環境について考える→パウチ→OKギフトショップ→学校訪問→カフェ
ファームステイ3日目ー隼ーコアラガーデンーSushi Train Smithfield
ファームステイ2日目〜ファーム作業、スピーチ、ヨガ、ファーム探検
エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ
福島の子供達と環境について考える
同じカテゴリー(Smile with Kidsプロジェクト)の記事
 福島の子供達、フランクランド島へ。 (2017-05-12 12:41)
 環境について考える→パウチ→OKギフトショップ→学校訪問→カフェ (2017-05-05 13:38)
 ファームステイ3日目ー隼ーコアラガーデンーSushi Train Smithfield (2017-04-27 10:45)
 ファームステイ2日目〜ファーム作業、スピーチ、ヨガ、ファーム探検 (2017-04-21 19:19)
 エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ (2017-04-16 21:57)
 福島の子供達と環境について考える (2017-03-30 22:29)

Posted by Maki☆Colour Talks 2015年06月24日
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
福島のママさんの声。
    コメント(0)