ケアンズの自然に、真琴<魂>の音色が調和しています。

今日の早朝に、ケアンズにつきました。





日本から真琴という楽器を持ってきました。



これまで

倍音セラピーの音妃さんや、

即興でピアノを弾かれる千代音ちゃん

また三昧琴のちぐさんや、

シンギングリンの淑子さん

ピアニスト&シンガーのめぐさん、

等など、



素晴らしい音の世界への扉を開いてくださる方々がお越しくださり

感動していたところ、


ガンクドラムとアサラトの演奏をしてくださったけんたろうさん&みかさんが

家に来て、演奏してくださったときに、

ついに私も、音ときちんと向き合うときがきたんだな〜って思ったのです。




レイキのときやヒーリングのときにも

自分で奏でることができる音が欲しい〜という想いもあり、


それは、日本発祥の音。

ということだけは、決まっていました。




そのことをけんたろうさんに話すと、

真琴いいんじゃない?

と、その名前が出てきたときに、


直感で、それだ!

とピピッときたのでした。



それは、私にとって

ふと上から降りてきたメッセージのようでした。



真琴という楽器を直接みたり、きいたりしたことはなかったのですが

直感に従い、真琴をオーダーすることに。



私が選んだ真琴は、12弦の<魂>



オーダーしてから、創ってくださり

日本滞在の最終日の11日の日に、初めて真琴に対面し、

真琴の音色を体験をさせていただいたのでした!



音色の素晴らしさにうっとりして、


自由に弾いてよい。ということなど

知れば知るほど、今の私にぴったりの楽器でした@@





レイキヒーリングでもパステルでも、カラーセラピーでも

この真琴<魂>と共に、より魂の声とつながっていきたいと思います。



早速、ケワラビーチの自然の中で、真琴を奏でてみたのですが

自然の中に、日本で生まれた音色が調和しながら、広がっていくような

とても幸せな感覚を味わっていました。












私は、19年前の今日

ワーホリでケアンズにやってきました。




今、ここで、

日本人の私ができること。




目の前のことに一つ一つ心を込めて

進んでいきたい。




そんな想いを新たにしていました。






今日も読んでくださってありがとうございました。











同じカテゴリー(真琴)の記事画像
日本です。
満月の色とレイキのお茶会
新月の虹色お茶会のお知らせ
同じカテゴリー(真琴)の記事
 日本です。 (2017-06-23 06:42)
 満月の色とレイキのお茶会 (2016-09-16 14:10)
 新月の虹色お茶会のお知らせ (2016-08-01 11:33)

Posted by Maki☆Colour Talks 2016年07月13日
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
ケアンズの自然に、真琴<魂>の音色が調和しています。
    コメント(0)