自然を守るためにできることについて考える

土曜日、夜勤明けのマイクと朝ごはんした後

Cairns Regionalgalleryへ。




私は、中でもアボリジナルアートに見入ってしまいました。



アートが好きなティムにも見せたかったので

補習校がおわってから、ティムも一緒に。





私がとっても気に入ったアートをティムに見せたら、

Timだよ〜というので見てみたら、Tim Johnson さんという方のアートでした。


麻のキャンバスに描かれているそのアートは、

本当に美しかったです。




一番上の階では、ROBYN GLADEーWRITEさん

エコや環境について考えさせられる作品が並んでいました。




とても印象的だったのが、


落ち葉をかき集めたものがあり、

落ち葉一つ一つに白いペイントがされていて、手書きのメッセージが書いてあるので

よく見てみると、


ひとつひとつに、

Sorry

Very Sorry



いうように、すべてにSorry と書かれていて@@




説明を読んでみると


このままだと


2099年までの間に、150,000本の木が切り倒されてしまうでしょう。



本当にごめんなさい。



と書かれていたのでした。



ほかにも、海岸で拾ったライターを並べて、オーストラリアの形を作ったり。。。


とても考えさせられるものでした。



一人一人ができることは小さいことかもしれないけれど、

でもあきらめずに、できることをしていきたい。

何ができるだろう。


と思いを馳せるのでした。


http://www.cairnsregionalgallery.com.au




補習校の間、マイクとTarzan Cafeへ^^





コーヒーすごく美味しくて、マイクがおかわりしてました。

お店にいると、何人かのオージーの方が、今のコーヒーすごくおいしかったので
これとまったく同じのを作って!といってるのが聞こえてきます!


マイクのブレッキー ベーコン&エッグ


私は朝からパスタ食べちゃって、お腹いっぱいだったので、カフェだけ美味しくいただきました。




来年のJapan day of Hopeの前に、ターザンカフェさんで、

福島の子供達の声やケアンズプロジェクトのことを展示してくださることになりました。


本当に感謝です。





*************************

自然や環境を守るために、できる小さな一歩は何ですか?

*************************




それでは素敵な日曜日をお過ごしください



同じカテゴリー(Smile with Kidsプロジェクト)の記事画像
福島の子供達に会ってきました。
自分の本質、答えは内にある。
色とレイキのお茶会〜6月6日〜
福島の子供達のホームステイ&福島報告会での感想 Day11
福島の子供達 お話会&交流会ーケアンズの皆様へのメッセージ
福島の子供達とホストファミリー*福島での報告会感想
同じカテゴリー(Smile with Kidsプロジェクト)の記事
 福島の子供達に会ってきました。 (2017-08-01 16:38)
 自分の本質、答えは内にある。 (2017-06-08 11:30)
 色とレイキのお茶会〜6月6日〜 (2017-06-02 11:44)
 福島の子供達のホームステイ&福島報告会での感想 Day11 (2017-05-31 11:27)
 福島の子供達 お話会&交流会ーケアンズの皆様へのメッセージ (2017-05-30 18:53)
 福島の子供達とホストファミリー*福島での報告会感想 (2017-05-29 14:59)

Posted by Maki☆Colour Talks 2016年11月06日
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
自然を守るためにできることについて考える
    コメント(0)